特定技能とは

特定技能は2019年に開始された在留資格であり、深刻な労働力不足に対応するために設置されたものであり一定の技能及び日本語能力基準を満たした者が特定技能としての在留を許可される。資格の取得には技能及び日本語能力の試験に合格する、又は技能実習で一定の条件を満たす必要がある

2年以上在留している留学生からも在留資格変更が可能であり、受入幅を大きくし労働不足改善を目指した制度である。

種類として通算で上限5年の在留期限がある「特定技能1号」と在留期間3年又は1年で6か月ごとの更新のある「特定技能2号」の2種類がある。