当組合は二つの制度により企業様と外国人材を結びます

当組合では「国際協力に基づく外国人技能実習生」と「特定技能により在留資格を得た外国人材」の送り出しを行っております。

それぞれ異なった制度で、受入のメリットも異なります。企業様の実績に合わせた制度と外国人材の紹介をいたします。


当組合が選ばれる理由

当組合は優良な監理団体として外国人技能実習機構の一般監理事業の許可を受けています。

日本語教育や日本での生活のマナーや習慣、人間力向上等の教育は、受入企業様にも好評をいただいております。

また、受入企業様配属後は専属の母国語スタッフと日本人スタッフが企業様を訪問し、企業様と実習生のサポートを行っています。

特定技能での受け入れにも必要になっている登録支援機関としての経験も豊富であり、安心して採用していただいております。

私たちニュー・ビジネス・ネットワーク協同組合は、外国人技能実習制度を通し、日本企業と諸外国の懸け橋になりたいと思っております。

※「一般監理事業」はある一定の要件を満たしている優良な監理団体が許可され、技能実習生の最長5年の受入れが可能となる他、受入人数枠が2倍に拡大することが可能となります。

充実のサポート

受入企業様にもご安心いただける手厚いサポート体制、実習生の日本語教育などがございます

オリジナルプログラム

技能実習生の成長と、実習実施者様(受入企業様)の発展を実現するため、日々工夫を重ねた指導、教育を行っております。

法令・制度遵守

当組合は、法令・制度遵守に取り組んでおり、不正行為防止のための活動を行っております。



監理団体の役割

ニュー・ビジネス・ネットワーク協同組合は、外国人技能実習制度に基づいてベトナム、モンゴル、インドネシア、中国などの海外実習生の受け入れ支援を行っています。 関東圏を中心に長年の実績を持つ、経験豊富で誠実なスタッフが充実のアフターフォローでサポートいたします。 技能実習制度についての質問や、外国人実習生の労働や雇用、人材育成についてなど、こちらよりお気軽にお問い合わせください。